いよいよGWですね。
安曇野も桜が散り始め、春本番といった今日この頃です。
そんな春の味といえば・・・そう筍です。
前回のふきのとうに続く春の味シリーズ、第二弾!


筍と菜の花と桜海老のスパゲッティーニ
優しい春の陽のような味わいの一皿です。
おいしいもの


信州の春の味と言えば真っ先に登場するのがふきのとう。

雪が解け、凍った大地が緩み、陽射しが春めいてくる頃、
田んぼの畦や林の中にひっそりと頭を出すふきのとう。
春の訪れを教えてくれるそのかわいい姿を見つけるとほんとに嬉しくなりますね。

もちろん刻んでみそと合わせるのが王道ですが、
イタリアンとしてもなかなか魅力的な素材です。

ふきのとうのペペロンチーノ・パルミジャーノレッジャーノ風味。

ふきのとうの香りとほろ苦さをパルミジャーノレジャーノのコクが
まろやかに包んでくれる素朴な春の味になりました。
おいしいもの
 | HOME |