立春

2010/02/02 Tue 17:22

あさっては”立春”。なんだか気分が明るくなる響きではありますが、実際はまだまだ寒いですね。昨日の雪で窓の外は銀世界。
冬の寒さは苦手ですが、窓の外に広がるこの真っ白な景色は雪のほとんど降らない土地で生まれ育った私にとっては憧れの風景です。
今年は今のところ比較的雪が少なめで残念でもあり、嬉しくもあり。(雪かきは重労働ですもの。)
さてそんな美しくもやっかいな雪がもたらす 幻想的なひとときをご紹介します。
晴天の日の日没から日が暮れるまでのほんのわずかな時間。
窓の外は得も言われぬ青の世界になるのです。群青、濃紺、藍、紺青、天色,薄藍・・・・暮れゆく空と山の影、そして地面を覆う雪の色が美しい青のグラデーションとなり暗闇へと移り変わるのです。
月並みですが、ほんとうに自然は美しい! と感動すると同時にもし温暖化で雪が降らなくなったら・・・・いけない!いけない!
まずは私もエコバックもって自転車乗って、そして 早寝早起き、粗食に省エネ? この美しい自然を未来永劫守らなくてはと決意を新たにするのでした。
                                   

         2010.2.2

ひとりごと
 | HOME |