ベリー祭り

2008/07/01 Tue 17:22

梅雨の晴れ間、気温は着実に上昇傾向ですが、湿度は低めで朝晩はまだまだひんやりしている安曇野の初夏。初夏と言えばそうです。スタジオーネは”ベリー祭り”真っ只中。マルベリーに始まり、ラズベリー、ブルーベリーなど今年も豊作です。ちょっと気取ってマルベリーなんて書きましたが実は桑の実です。あの懐かしい、郷愁を誘う赤黒い色をした芋虫型の実です。(まずそうな表現だこと。反省・・・)
デザートの皿にそのまま載せたり、シャーベットにしたり。やや控えめな存在ながら、かなりの頻度でお客様から反応があるのです。
特に年配の方。それから地元の方。「これは桑ズミ?やぁ懐かしいー!子供の頃、学校帰りによく食べたよ。口や手が真っ赤になるんだよね。」と皆さん童心に帰ったように嬉しそうに召し上がられるのです。そして「そうなんですょ。今は桑の木もあまり見ないですよね。うちも切られる寸前の桑の木をいただいて畑に植えたんですよ。」とお客様の幸せな様子に私も嬉々として答えるのです。実のところ、愛知産の私は子供の頃の”桑の実体験”は持ち合わせていないのですが、あの繊細でほのかな甘味に今やすっかり虜です。先日もアメリカ人のお客様が桑の実のシャーベットに「ベリーグッド」とひと言。桑の実は万国共通なようです。ランドセルを背中に無邪気に桑の実を頬張りながら歩いた田舎の通学路。そんな古き良き思い出を口にできるのは6月。今年は残念ながらすでにブルーベリーに主役を譲ってしまいましたが、また来年。お見逃しなく。 

                                          2008.7.1                                        

上はこの時期ピンクの葉がきれいなネグンドカエデ。
下は桑の実。ちょっと気取ってマルベリー。

おいしいもの
 | HOME |